« Magic play is dancing? | トップページ | 春が来る、汽車が逝く »

2008.03.06

年がら年中旅しては 本当の自分を探すのさ

 約10ヶ月ぶりに登場、「奇妙な検索」シリーズその10。長いことこのネタをやらなかったのは、素材がなかったという理由よりもブログに対するモチベーションが低下していたことの方が大きい。今回は棚卸しを兼ねてちょろっと。

箱根駅伝エンディングの歌詞

 中継自体を最後まで見ないおれは、このキーワードを見て初めて「あの番組にボーカル付きのエンディングがあったのか」と気づかされた次第である。検索元から渡り歩いてみると、探している曲はトミー・ヤングの「I Must Go」という曲であるらしいが、2008年の中継では使われなかった模様。
 検索はGoogleから。

HENTAI シーマ・ガラハウ

 たまに来るんだ、海外からこんなへんちくりんなキーワードでうちのブログに漂着しちゃう人が。万国共通語なのか、「HENTAI」って?
 検索はGoogle(中国)から。

粉塵爆発 パタリロ

 関連性が見いだせない。「パタリロ」にそんなエピソードがあったんだろうか?
 検索はGoogleから。

万年筆 ローマ法王

 これまた不思議な組み合わせ。ローマ法王が使っている万年筆でも探していたのか?
 検索はGoogleから。


 この「奇妙な検索」もこれで10回目ということで、このカテゴリーに当てているタイトルの共通点をばらしてしまおう。おおよその見当は付くだろうが、どのタイトルも「探」の字を含む曲の歌詞の一部を拝借している。

  1. 探し物は何ですか 見つけにくいものですか(「夢の中へ」作詞:井上陽水)
  2. 誰も皆さまよいながら 答えを探して…(「moment」作詞:Vivian or Kazuma)
  3. 明日の俺が 探すものはなんだ(「風が知っている」作詞:大熊朝秀)
  4. イカれたダンスで答を探すだけさ(「SEVENTH MOON」作詞:K.INOJO)
  5. 夢の国を探す君の名を(「WILL」作詞:鵜島仁文・米倉千尋)
  6. 日差しの中で追いかけた 君の姿探して(「Moments in the Sun」作詞:kazami)
  7. 行くあてを探して そしてまたさまよって(「Lion」作詞:松井五郎)
  8. 眩しい朝陽の記憶を 探し続けている(「Evergreen」作詞:佐藤ありす)
  9. あの時の傷は蘇る 謎の鍵 探す(「夢の鍵」作詞:大熊朝秀)
  10. 年がら年中旅しては 本当の自分を探すのさ(「路地裏の宇宙少年」作詞:川畑アキラ)

 ……どの曲もアニメに関連するものというあたり、お里が知れるよなあ。こんなタイトルの付け方をしていたら、間違いなく自分の首を絞めることになるんだが。

|

« Magic play is dancing? | トップページ | 春が来る、汽車が逝く »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

奇妙な検索」カテゴリの記事

コメント

「HENTAI」ってのはアダルトアニメ/漫画の海外での呼称だそうです。日本語で言うなら「○○の18禁画像(漫画)」とかいったところになるんでしょうね。

投稿: gmax | 2008.03.07 00:39

ひえー、なかば国際語なんですね。用法についてはいささか問題がありそうな気もしますけど。
せめてイメージ検索にしてくれれば、こんなブログなんぞに漂着しなくても済むんですがねえ。

投稿: ぶるない | 2008.03.07 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Magic play is dancing? | トップページ | 春が来る、汽車が逝く »