« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.31

鉄の地巡礼・Scene2「鉄道博物館探訪」

 大宮の人には「大宮は鉄道の町」という自覚があるという。1993年2月に大宮駅を取材で訪れた宮脇俊三に、当時の駅長がコメントしている。

「嬉しいのは市民の皆さんに鉄道の町としての愛着があることですね。鉄道まつりをやろうとか、鉄道博物館をつくろうとか、そういう運動が盛りあがっています」(『駅は見ている』P.41)

 なるほど、後段の運動は実を結んだわけか。これを直に聞いた人物の見学が叶わなかったことは残念であるが。

 ……などといった感慨を抱く余裕はなかった。鉄道博物館への入場を前にして、おれはすでに変身直後のアイアンキングのように水を欲していたからである。ぬぐったそばから噴き出してくる汗は一向に止まらず、両脚とも攣る寸前だった。かといってここまで来て引き返しては、大宮まで何をしに来たか分からなくなる。かくて予定を完遂する意図のもと、鉄道博物館駅の改札前からエントランスゾーンへ続くプロムナードへと足を踏み入れた。

4カ国語の案内板時刻表とダイヤで彩られた通路

 プロムナードへの入口には、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語で書かれた案内板が設置されている。路面のタイルには東北新幹線の時刻表(パンフには大宮開業時とあったが、上野と東京も入っていたぞ)が描かれ、天井には運行ダイヤがデザインされている。かつて交通博物館に設置されていたD51のカットモデルの前にはちょっとした人だかりができていた。いつの時代もSLはファンのあこがれを集め続けている。

入場ゲート  駅の改札と同様の入場ゲート。入場にはSuicaも使えるが、グリーン車の料金支払いと同様に料金を支払った情報をICカードの方に書き込む必要がある。今だから当たり前だと思うが、おれは入館時にそのままSuicaから差し引かれるものと勘違いして、情報を書き込まないまま入館しようとしてゲートに阻まれ、係の人に「あちらでお支払いを…」と言われてしまった。

ヒストリーゾーン1階

 ゲートを抜けて左に折れると、博物館最大の目玉である広大なヒストリーゾーンが広がる。由緒はあるが個人的になじみのない明治期の車両は瞥見で済ませ、ゾーン1階の中央に君臨するC57が転車台の上に乗ってお出迎え。この転車台は15時から回転イベントを実施する。このイベントでは回転中に4回、汽笛の吹鳴も行う。このイベントは実際に間近で見たが、密閉された空間内でのSLの汽笛は確かにけっこうな音量だった。 

 C57の後ろの位置には455系電車が展示されているが、改造されて両端部がロングシートになっていたのは残念。せっかくの国鉄色なのにもったいない。455系の車内を見ている最中に、ついに不安だった脚が攣った。悶絶しているところを心配してくれた通りすがりのお二方、ありがとうございました。

日本食堂への行列  平日であるにもかかわらず、館内で食事ができるスペースにはかなりの人が列を作っていた。日本食堂のスペースにも予想外の人数が行列を作っている。優等列車に当たり前のように食堂車が連結されていた頃は「食堂車は高くてまずい」と言われていたのに、なくなってしまうとそんなものにも郷愁すら感じてしまうのだから、思い出というやつはおそろしい。

コレクションゾーンのヘッドマーク  2階にあるコレクションゾーンに回ってみる。昔使われていた発券機や駅名標、ヘッドマークなどが展示されたスペースである。ヘッドマークの中には、以前オリエント急行が日本で走ったときのものや、ミステリー列車として運行された999号のものも。

博物館南側の特急形電車 博物館北側のキハ11

 博物館の外で撮ったものも2枚。1枚は南側の位置に留置された特急型電車。これは来場者の休憩施設となる。もう1枚は北側に寂しく留置されたキハ11形。それこそ「ぽつん」と、落ち着く場所がないかのように停まっているさまは、見ているこちらまで寂しげな気分にさせるものがある。

 転車台の回転デモを見届けて、おれは博物館を後にした。なにしろ両脚が攣るという異常事態になっていたので、早いところ宿に落ち着いて体を休めたかったのである。

この項さらにつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.26

鉄の地巡礼・Scene1「鉄道博物館への遠い道」

 7月12日から9月15日まで、世田谷文学館で「没後5年 宮脇俊三と鉄道紀行展」が開催されている。この際だから、まだ行ったことがない鉄道博物館も行ってみよう、というわけで、夏休みを目前に控えた7月16日に出かけてみた。

 まず買った切符はさいたま新都心まで。ここにはかつて大宮操車場があった(1986年廃止)。駅の近くの広場に記念のレリーフがあるというので、ここを最初の目的地に定めた。

さいたま新都心駅改札

さいたまスーパーアリーナ

 駅に降り立ったのはお昼前。平日だというのに、けっこうな人出がある。高い建物が密集しているせいか風が強い。駅の西側には特撮番組のロケ地としてもおなじみのさいたまスーパーアリーナが、自己主張するかのように建っている。

 さて、目的のレリーフはどこにあるのかな、と駅西口の「けやきひろば」を徘徊することしばし、見つからなかったら観光案内所で訊いてみようかと思い始めた頃になって、1階へ降りるエスカレーターの横に飾られているのを発見。設置からまだ1年も経っていないので、銅板特有の貫禄はまだない。ひとまずホッとして、そそくさと駅へと引き返す。

大宮操車場の記念碑

大宮駅西口  大宮に到着。新幹線の駅というのはどうにも没個性的な駅舎になってしまうなあ。鉄道博物館最寄りの駅は、ここから埼玉新都市交通で一区間である。天気もいいことだし、せっかくだから博物館まで歩いてみよう、と思ったのであるが、この発想はのちに幾人かに呆れられることとなる。

「鉄道博物館まで1.4km」の標識 大宮車両センター壁面の展示パネル 静態保存されているD51型蒸気機関車 「つばめ」のヘッドマーク付きのEF58型電気機関車とEF15型電気機関車(どちらも部分展示)

 歩き始めてすぐに「鉄道博物館まで1.4km」の案内標識が見える。ここから博物館の手前までにはJRの車両センターがあり、「レイルウェイガーデンプロムナード」と銘打たれて歩道との間の壁にパネル展示があったり、機関車の静態展示があったりする。

鉄道博物館の敷地内に置かれた183系・189系電車  当日は日差しも強く、歩いているうちに間断なく汗が噴き出してきた。こんなことなら歩くんじゃなかった、と後悔したが後の祭りである。たかだか20分ばかり歩いただけなのに、汗のかきすぎで半ばグロッキー状態で鉄道博物館への入口へとたどり着いたのだった。

この項つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.07

アナタハ神ヲ信ジマスカ?

 「外国人≒キリスト教の宣教師」という思い込みがあった時代には、タイトルにあるフレーズを聞いた人も少なからずいるだろう。そしてよっぽど敬虔な人でもない限りは、このフレーズを半笑いで受けとめていたはずだ。現在のおれが聞いても、おそらく諸手を挙げて「信じる、信じますッ!」とは言わないだろう。それでも「片手くらいは挙げてもいいかなあ、遠慮がちに」と思うようになったのは不思議なものだ。

 こんな気持ちになったのは、自分が精神的にかなりのところまで追い詰められているせいだと自己分析している。

 人間というのは「こりゃ今の自分の手に余るなあ」という状況に陥ると、人知を越えた“なにか”にすがりつきたくなるらしい。それが「唯一絶対の存在」に向けられるか、「八百万(やおよろず)の存在」に向けられるかは、人によって異なるだろうが。

 従姉の旦那さんは、肺癌で従姉が亡くなる直前まで治療の方法がないか加持祈祷の類にまですがったと聞いたし、半年前に自らの命を絶ったおれの弟は「信仰」なんて言葉とはおよそ縁がないと思っていたが、部屋からは『神との対話』やら『神へ帰る』といった本が見つかった。

 こうして「まいった、困った、どうしよう」と言っている人たちを救済するために、宗教というものが生まれたんだろうなあ。……カウンセリングで話しているうちにこんな展開になってしまい、さぞやK先生も驚いたことだろう。話していた本人が一番驚いているんだが。

| | コメント (0)

2008.07.05

「詐欺まがい」ってな、こういうことか?

 以前から気になってはいたが、今日の新聞に「詐欺まがいのネット広告」についての記事が出ていた。YOMIURI ONLINEより。

 「素人が1日20万稼ぐ法」「画期的な即金ノウハウ」――。そんなうたい文句の広告がインターネット上で増殖中だ。

 こうした情報商材の年間売り上げは総額200億円と推測されるが、「詐欺まがいの内容」との苦情も急増。多くの販売者が購入者に「あなたのブログに広告を張り付けて。売れたら報酬を払います」と持ちかけているのが特徴で、損をした人が元を取り戻そうと誇大広告をばらまき、別の人がまた損をするという構図になっている。「負の連鎖」の広がりに、「まるでネットのネズミ講」との声も出ている。

 個人的見解としては、「そんなものに引っ掛かる方が悪い」と考える。なんのリスクも負わずに楽して稼げるなら、誰が好きこのんでそんな方法を見ず知らずの他人に教えるものか。

 日頃RSSリーダーに引っ掛かってくる記事も玉石混淆で、実際のところ「石」の比率はかなり高い。もうタイトルからして露骨に怪しいのがずらずらと出てきて頭が痛くなる。

  • 圧倒的な実績と信頼!SEO対策のロングセラー「賢威2.0」。近日発売の「賢威3.0」への無償バージョンアップが可能!
  • 呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!! ゴルフ上達法革命とは !!

 こんなタイトルの記事が「心と体」のカテゴリーに入っていたら、絶対に怪しい(註:実例である)。ブログのアドレスを見てみると「dcggqt2txdwv」のように、明らかにデタラメにキーボードをタイプして作ったと判るものが入っていたりする。「実績と信頼」とやらが聞いて呆れる。

  • ■ サーフィンが最短で上達する方....
  • あなたを集客と販売のプロにするテ....

 こういうのも「書籍・雑誌」のカテゴリーにあった。なぜかタイトルが途中で切れている。サーフィン云々の記事は、別々のブログから同一の文面で投稿された痕跡があった。これも露骨な宣伝目的が見て取れる。クリックする物好きはどのくらいいるのやら。

 ここで例に挙げたものも含めて、この種の記事をぬけぬけと掲載しているブログの管理人は女の名前を名乗っているケースが多いようだ。「愛美」だの「彩香」といった源氏名みたいな名前の管理人にはご注意を。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »