« 鉄の地巡礼・Scene4「大宮発祥の地と世田谷文学館」 | トップページ | 昭和と平成の高校野球事情 »

2008.08.09

一方その頃…

 世間的には北京オリンピックの開幕でちょっとした躁状態にあるようだが、その一方で実弾で勝負を始めた国がある。それはロシアとグルジア。

タス通信などによると、グルジア軍が7日夜から8日にかけて、同国からの分離独立を求める南オセチヤ自治州の州都ツヒンバリに進攻し、同自治州で平和維持活動を行うロシア軍司令部や兵舎などを空爆、戦車による砲撃も行った。

YOMIURI ONLINE

 オリンピックの開幕に際してはテロが懸念されていたけれど、そんなレベルじゃない国家間のケンカが始まろうとしている。やれ空爆だの戦車が砲撃だのとなると穏やかではない。「なにも開会式当日を狙ったみたいにドンパチ始めなくたって…」とも思うのだが、首相という「影の実力者」がモスクワにいないタイミングを見計らったとも解釈できるわけで、ケンカをふっかけた側の思惑は計り知れない。

 正直なところ、おれ個人は北京オリンピック自体に興味はないのだが、母国が殴り合いのケンカを始めてしまったロシアとグルジアの選手団の心中はいかほどのものなのだろう。「平和の祭典オリンピック」なんて言葉が陳腐で無意味なものに聞こえて仕方がない。

|

« 鉄の地巡礼・Scene4「大宮発祥の地と世田谷文学館」 | トップページ | 昭和と平成の高校野球事情 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/42110033

この記事へのトラックバック一覧です: 一方その頃…:

« 鉄の地巡礼・Scene4「大宮発祥の地と世田谷文学館」 | トップページ | 昭和と平成の高校野球事情 »