« 「突」 | トップページ | Tomorrow Is Another Day »

2008.11.24

20世紀最後の「富士」

東京駅にて 2009年春には廃止になるという「富士」に乗ったのは、20世紀が終わるその日であった。

上野駅の「カシオペア」 「21世紀はレールの上で迎えたい」と考えた人がどのくらいいたか知らないが、北へ向かう「カシオペア」のほうはなかなかの盛況であった(指定券はすぐに売り切れたと聞く)。かたや、当時にして凋落の二文字が背後霊のようにのしかかる「富士」は、個室こそほぼ埋まっていたものの、開放式B寝台はガラガラというありさまであった。

車体側面の「COMPARTMENT CAR」のロゴ 乗ったのは1人用B寝台個室(2階)。天井が低く、車体に書かれた「COMPARTMENT CAR」とはずいぶんと離れた印象の乗り心地である。あまりに窮屈だったので、かなりの時間をロビーカーで過ごした。
天井が低く窮屈な個室内
狭い階段

記念乗車券表面 検札にやってきた車掌さんからもらった「懐かしの山陽路号」(2000年12月31日に運転)の記念乗車券。「20世紀→21世紀」の区間表記が泣かせる。裏には当時のJR西日本の看板列車である500系と700系レールスターのイラストが銀河鉄道チックに描かれている。
記念乗車券裏面

ロビーカー内部 当時のロビーカー内部。これでも21世紀到来の瞬間には人が集まったりするんだろうか、などという幻想はあっさり打ち砕かれて、ひとり寂しくビールで乾杯することとなった。

 下関で乗務員交代となる際のアナウンスを聞きながら、「次に乗る機会なんてあるのかなあ」などと考えていたのがありありと思い出される、そんな初冬の一日。

|

« 「突」 | トップページ | Tomorrow Is Another Day »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/43212462

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀最後の「富士」:

« 「突」 | トップページ | Tomorrow Is Another Day »