« 2010年2月9日のツイート | トップページ | 2010年2月10日のツイート »

2010.02.10

「葬式鉄」に抱く不快感

 いわゆる「葬式鉄」がメディアに取り上げられたことで、鉄道ファン全体への風当たりが強くなっているように感じる。実際にプラットホーム上で「仕事をしている駅員」に対して罵声を浴びせる信じがたい動画を見て、いたたまれない気持ちになった。

 では我が身を振り返ってみるとどうだったろう。2006年の暮れ、ちょうど廃線の発表が公式にあった週の終わりに鹿島鉄道に乗りに行ったときの光景を思い出す。自分も紛れもない葬式鉄の1人であったのだが、少なくとも「鉄道はみんなのもの」という意識はあったはずだ。記事を読み返してみると、その当時にして前面展望に固執する一部の乗客に苦々しい感想を抱いている。

 葬式鉄には、基本的に「余裕がない」。「もうすぐ乗れ(見られ)なくなる」という焦燥感から、いきおい言葉尻は荒くなる。その行き着く果てが、やれ「鉄ヲタ専用車両でーす」だの「一般人は乗れませーん」だのといったユガミまくった選民意識。こうした言葉の選び方からすると、「自分たちは乗客のプロなんだから、乗りたい車両に乗れるのは当然なのだ」くらいのことは言いかねないだけに、徒党を組んだ葬式鉄はおっかない。むしろ「乗客のプロなら他の乗客の見本になるくらいになれないのか?」……などとも思うのだが。

 もし彼ら葬式鉄に乗車マナーの向上が見込めないのであれば、鉄道会社がそういった連中を現場から排除できる、法的なブレーキが付けられないものだろうか。それでも「おれたちゃ客だぞ、乗せろ!」と迫られたら、「おまえらみたいなのは客じゃねえ、とっとと出てけ!」と公的に主張できる権利を鉄道会社に与えてほしいと切に願う。

 それから、これだけは主張しておきたい。「マスコミが取り上げる、鉄道ファンの品位を落とすような言動の連中はあくまでも一握りである」ということ。鉄道ファンの多くは至って紳士的なので、ご心配なきように。

|

« 2010年2月9日のツイート | トップページ | 2010年2月10日のツイート »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

本当に葬式鉄のマナーには怒りを覚えますね。
以前自分が撮影に行った時も
自分が邪魔な位置に居た為か
死ねクズとかどけボケとか言われましたね。
確かに自分も悪かったかもしれませんが、
ここまで暴言を吐かれるとは思いませんでした。
本当に台無しです。
黄色い線からは出て駅員さんに注意される。
挙句の果てに写真を上手く取れなければ罵声を吐く。
真っ当な鉄道ファンにとっては本当に迷惑です。
悲しい現実ですけど、恐らくしなの鉄道の169系
の引退イベントにも葬式鉄が沢山集まって罵声大会になりそうで怖いです。

投稿: ghyyu | 2013.01.13 09:58

ghyyuさん、コメントありがとうございます。同時に3年近く前に書いた記事にコメントが付くということも珍しいので、軽く驚いてもいるのですが。

「葬式鉄」に限らずマナーの悪い鉄道ファンに関しては、今なお苦々しく思っています。過日高校生の一団が線路の敷地内に入り込んで列車を止めてしまったという事例もありました(先生も一緒だったのに)。
鉄道会社には、この手の「迷惑な鉄道ファンを自称する連中」に対しては毅然とした態度で臨んでほしいと思ってやみません。

投稿: ぶるない | 2013.01.13 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/47527332

この記事へのトラックバック一覧です: 「葬式鉄」に抱く不快感:

« 2010年2月9日のツイート | トップページ | 2010年2月10日のツイート »